世にも奇妙な物語 寺島10/14(土) 21時~放送記念スペシャル企画開催!

韓国イケメン俳優キム・ナムギル×韓国若手女優チョン・ウヒの韓国映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』(7/29公開)!日本版予告編公開!


『無頼漢 渇いた罪』(☜メイキング映像はクリック)でカンヌ国際映画祭に初参加し、演技派俳優として更なる注目を集める韓国イケメン俳優のキム・ナムギルが『哭声/コクソン』の韓国若手女優チョン・ウヒと共演して話題の映画『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』(イ・ユンギ監督/ファインフィルムズ配給)が7月29日(土)からシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開となる。その日本語版予告編が公開された。

『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』は、キム・ナムギルがひょんなことから昏睡状態の女性の魂が見えてしまう保険外交員ガンスを好演。

一方、昏睡状態の女性を『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』で第35回青龍映画賞 主演女優賞や第51回百想芸術大賞 新人演技賞をはじめとする多くの映画賞を獲得した、『愛を歌う花』(☜インタビューはクリック)などで人気のチョン・ウヒが演じた。

監督は、ヒョンビン出演『愛してる、愛してない』、チョン・ドヨン、コン・ユ共演『男と女』等のイ・ユンギ監督。

今回解禁された予告編では、主人公ガンス(キム・ナムギル)とガンスにしか姿が見えない女性、ミソ(チョン・ウヒ)との不思議な交流を垣間見ることが出来る。

保険外交員のガンスは調査の為、交通事故で2か月間意識不明で回復の見込みがない女性、ミソの元を訪れる。そんな中、病院内で声をかけられるのだが、それは意識不明でベッドで寝ているはずのミソだった。

ガンスは必死に何かをお願いしようと付きまとってくる彼女を追い払おうとするが、ミソの姿が病院の鏡には映らないことに気付く。周りの人達にも彼女の姿は見えていない。ありえない事態に思わずひっくり返って気絶するガンス。

最初は警戒するばかりだったが、ミソの明るく、陽気な姿に心を許していく。そして次第にミソの交通事故の真相が明らかになる。果たして彼女のお願いとは何なのだろうか?(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.