韓スタ!3周年企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

【インタビュー】韓国人気イケメン俳優コン・ユ!主演韓国映画『男と女』(公開中)で禁断の愛に落ちる妻子ある男を熱演!「見終わって立ち上がるのが難しいほど余韻のある映画になればと思います」


ドラマ「コーヒープリンス1号店」や映画『トガニ 幼き瞳の告発』などで高い人気を持ち、4年ぶりのドラマ復帰作「トッケビ(原題)」が大ヒットとなるなど、今ノリに乗っている韓国イケメン俳優、コン・ユ。そんな彼が〝カンヌの女王〟と呼ばれる韓国演技派女優チョン・ドヨン(☜インタビューはクリック)と共演した大人の恋愛映画『男と女』(イ・ユンギ監督/クロックワークス配給)がシネマート新宿ほか全国ロードショー中だ。
映画『男と女』は、夫、妻として義務的な日常に疲れ孤独を抱える2人がフィンランドで出会い、禁断の愛に落ちる本格的恋愛映画。少年の純粋さと、どんな時でも頼れそうな男の懐の深さを併せ持つコン・ユが体当たり演技で魅せている。そんなコン・ユに映画『男と女』について訊いた!

――まずコン・ユさんが本作『男と女』で演じられたギホンはどんな役か教えてください

「僕が『男と女』で演じたキム・ギホンは職業は建築家で、躁うつ病を患っている妻と選択性緘黙症(せんたくせいかもくしょう)のために会話ができない娘を持つ父親です。家長としての責任を果たそうと努めてるんですが、フィンランドという遠い国でサンミン(チョン・ドヨン扮)という韓国人女性に出会い、自分と同じ人間かもしれないという気持ちを抱くようになるんです。それで抜け出せないほどに苦しい愛情を感じながら、家長としての責任と逃したくない愛の間で葛藤する役です」(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.