世にも奇妙な物語 寺島10/14(土) 21時~放送記念スペシャル企画開催!

【インタビュー】韓国人気イケメン俳優カン・ドンウォン!映画『華麗なるリベンジ』(11・12公開)で元検事の復讐を助けるイケメン詐欺師を好演!「こんなキャラクターを演じるのは初めてです!」


sub9

『チョン・ウチ 時空道士』や『世界で一番いとしい君へ』などで人気で、『プリースト 悪魔を葬る者』が10月22日に日本公開となった韓国イケメン俳優、カン・ドンウォン。そんな彼が〝国民の父〟と呼ばれる韓国人気実力派俳優ファン・ジョンミンと初顔合わせした映画『華麗なるリベンジ』(イ・イルヒョン監督/ツイン配給)が12日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなる。
『華麗なるリベンジ』は韓国で2月4日に公開されるや、凄まじい勢いで観客動員数970万人を突破した大ヒット作。濡れ衣を着せられ服役囚となった元検事(ファン・ジョンミン扮)の復讐を、出所と引き替えに協力する前科9犯のイケメン詐欺師の物語で、カン・ドンウォンはコミカルな言動をしたかと思えばクールに人を欺いてみせるさまを抜群のセンスで演じ上げた。そこで映画の日本公開を記念して、カン・ドンウォンに『華麗なるリベンジ』について訊いた!

――まず、カン・ドンウォンさんが本作『華麗なるリベンジ』でイケメン詐欺師のハン・チウォンを演じようと思った理由から教えてください

「僕はずっと、今まで演じてきたキャラクターだけでは満足できないと感じていて、面白い役を演じてみたいと思っていました。『華麗なるリベンジ』での役は、今まで演じたことのないキャラクターだったので、是非やってみたいと思いました。チャレンジする価値があると考えたんです。この作品はストーリーよりキャラクターに重点を置いた映画です。内容はなるべくシンプルにしてありますが、緻密で、キャラクターが際立っている映画です。それにしても、検事が詐欺師に騙されること自体、普通はあり得ませんよね。検事だと偽っても、バレるのは明らかです(笑)」

《劇中、パク・ソンウン(『皇帝のために』など)演じる検事をカン・ドンウォン演じる詐欺師が自分のことを検事だと言って騙す》(次ページにつづく)

Next Page  1 2 3 4

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.