韓スタ!プレゼント!韓スタ!読者プレゼント企画好評実施中!

【インタビュー】来日間近!韓国イケメン俳優チェ・ウシク×人気演技ドルのユイ(AFTERSCHOOL)!「ホグの愛」で恋愛経験ゼロの主人公とシングルマザーを好演!「家族愛をたくさん描いた作品です!」


38

ユイ「私も最初にウェブコミックを読みました。私の場合はシングルマザーというキャラクターが魅力的でした。重たいテーマも組み込まれていますが、それを乗り越えようとするドヒという女性を演じてみたいと強く思いました。この役をやりたいという気持ちが強かったです」

――カン・ホグとト・ドヒを演じて、一番気を使ったことはどこですか?

ウシク「ホグは非現実的ないい人に見えたので、もう少し現実的ないい人に見えるよう気をつけました。なのでピョ・ミンス監督とも、想像のシーンでは怒ったり大声を出したりしようと話し合ったんです。少しオーバーなところもありましたが、そういったところを見てもらいたいと思いました。漫画では、あまりにもいい人に描かれているので。漫画とは、もう少し違う表情を見せられるよう演じました」

ユイ「私はホグの初恋の人でもありますが、〝国民の妹〟というイメージを持たれている人です。私はそんな経験をしたことないし、そんな役を演じたこともありません。なので、どうすればト・ドヒらしく見えるのかなと最初、悩みました。出産の演技も経験がありませんでした。あと、私が水泳をしていたことを知っている人もいるので、泳ぎの練習を基礎から見直しました。演技となると難しいので。すべてにおいて、初めてのこととして試すことができたので、他の役よりも勉強になることが多かったです」

――ホグは思いやりがあり、慈愛の精神に満ちているともいえる一面があります。一方、ドヒは情熱的で負けず嫌いで、かつ温かい心も持っています。それぞれ、ご自身と役とで似ているところと違うところを教えてください

ウシク「僕がものすごくカッコいい役を演じていたら、まったく似てなかったんですが、僕自身の生き方もありきたりなものなので、そういうところは似ていると思います。どこにでもいそうで、弱そうに見えることには自信があるので、そういうところが似ていました。でも僕はあそこまでいい人ではないので、そこはちょっと違います」

Next Page  1 2 3 4 5 6 7 8

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.