世にも奇妙な物語 寺島10/14(土) 21時~放送記念スペシャル企画開催!

【コラム】韓国ユニーク・ガールズグループ、バニラルーシー! クラシック音楽とK-POPの融合! まぼろしに終わった日本2ndシングル?!


バニラルーシー

ようこそ! 〝K-POP off the record!へ!今回はちょっとマニアックに、2011年に「French Love」で日本デビューを果たしたユニーク編成のガールズグループ、バニラルーシーをオフレコトーク!

えっ、バニラルーシーを知らないって? バニラルーシーは韓国で2010年に「飛行少女」でデビュー。クラシック音楽とK-POPを融合させる、バイオリン、チェロ、サックスがメンバーの異色のガールズグループとして話題となり、新人賞も受賞している。特にボーカルのタヘはバラエティー番組の合唱団員として人気者になった。11年に、タヘからウナにボーカルが変り、「French Love」(日本語版)で日本デビューも果たした。

実は、この日本展開の中盤から私がA&R、平たくいえばプロデュースすることになった。

バニラは多くの人に支えられ、約半年間、日本に滞在し、ほぼ毎日スタジオに来て練習と曲作り、レコーディングに励んだ。11月末に発売予定として2ndシングル「オモイつづけたモンのkati」のレコーディング作業を終え、プロモーションでは韓Funをはじめ、ほぼスポーツ紙全紙に露出、テレビでは韓流番組をはじめ、MXTVの朝の情報番組で生歌披露もした。手前味噌になるが、日本デビューしたガールズグループと同等ボリュームの露出はできた。

ところがミニアルバムがリリース直前になって、芸能ビザが間に合わないことがわかり、発売は延期。決まっていた番組の出演や雑誌インタビューをキャンセルするしかなくなり、本人たちも泣く泣く帰国の途についた。メンバーが深く傷ついたのは語るまでもない。

バニラは帰国後、話し合いを持ち、事実上の解散となった。(次ページにつづく)

Next Page  1 2

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.