韓スタ!プレゼント企画韓スタ!twitterをフォローしプレゼントを当てよう!

韓国美脚アイドルグループDal★Shabet!24日にセクシーすぎる新曲「JOKER」で韓国人気音楽番組ミュージックバンク、無事カムバック!


Dal★Shabet
韓国の人気6人組ガールズグループ、Dal★Shabet(ダルシャーベット)が24日に韓国で放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」で新曲「JOKER」のカムバックステージを披露し、セクシー美を発散させた。

Dal★Shabetは15日に新ミニアルバム「JOKER IS ALIVE」をリリースし、タイトル曲「JOKER」で1年3ヶ月ぶりにカムバックを果たした。

ところが「JOKER」のミュージックビデオの衣装とダンスがセクシーすぎると韓国テレビ局のKBSからミュージックビデオが放送禁止の判定を受け、さらに歌詞が男女の濡れ場を連想させるという理由等で楽曲自体が放送不適格判定を下された。そのため、カムバック週に「人気歌謡」(SBS)などの音楽番組でカムバックステージを行なったものの、「ミュージックバンク」(KBS)でのカムバックは叶わなかった。

これまでDal★Shabetは「私の脚を見て」のスカートを外したりする〝スカートダンス〟や、「B.B.B」の胸の横で手を回す〝胸やけダンス〟がセクシーすぎると放送禁止となり、修正を加えた経緯がある。

今回、「JOKER」の歌詞の一部を変更し、さらにステージにおしとやかに座って踊る〝淑女ダンス〟を立って踊ることに修正し、「ミュージックバンク」でのカムバックステージを披露する運びとなった。

同曲は恋の駆け引きをする魅力的な男性をトランプや「バットマン」の悪役〝ジョーカー〟にたとえたスウィングジャズダンス曲。

メンバーはそのテーマに合ったトランプがプリントされた黒のノンスリーブのトップスに、黒のナノパンツというセクシーな衣装で、同曲を披露。サビで6人が横一列に並んで、太ももをそっと撫でたり、体をなまめかしく揺らすダンスでセクシー美を発散。さらに唇に指を当て、「バットマン」のジョーカーの大きく開いた口をなぞるような、〝口元ダンス〟をコケティシュに決めた。

また、「JOKER」はメンバーのスビンが作詞作曲を手がけた曲であり、セクシーさだけでなく高いアーティスト性も示す形となった。

写真©HappyFaceエンターテインメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.